「2015年ダイキン:空清MC80S」タグアーカイブ

2015年ダイキンACM80SとMC80Sの違い

このダイキンMC80Sが価格.comの満足度が高い空気清浄機ランキング上位でした。

大型家電販売店と通販販売の取り扱い商品がMC80Sで

ぴちょん君のお店取扱商品がACM80Sである。

本体・性能は同じで販売ルートが違うだけ。

ぴちょん君のお店とは『あなたの街のエアコンプロショップ』となっており町のダイキンの電気屋さんと考えていいだろう。マルチエアコンやハウジングエアコンも取り扱う店だが、空調関連の商品として空気清浄機の取り扱いもある。

ダイキンのカタログによるとACM80Sの

希望小売価格が73,000円(税抜き)

MC80Sがオープン価格となっている。

フィルターで捕まえてストリーマで抑制・分解できるもの↓

クリックで拡大写真へ

フィルターで捕まえてストリーマで抑制・分解できるもの

ダイキン公式サイトには

さらに詳しくストリーマ・フィルターなどで取れる物質の表あり

ACM80S-Wのページへ(ページ下に記載あり)

ダイキンMC80SとパナソニックF-PXL55の違い

このダイキンMC80Sが価格.comの満足度が高い空気清浄機ランキング上位でした。

両機種ともに2015年秋に発売され、各メーカーの加湿ナシの中で一番サイズの大きな空気清浄機。

MC80S本体

posted with カエレバ

MC80S↑適用畳数29畳まで

ワイヤレスリモコン付き

395x576x230 mm【幅x高さx奥行】8.5kg

ホワイトのみ。

F-PXL55

posted with カエレバ

F-PXL55↑適用畳数25畳まで

リモコンなし。

300x580x195 mm【幅x高さx奥行】5.8kg

ブラックのみ。

続きを読む ダイキンMC80SとパナソニックF-PXL55の違い

ラビットエアー(Rabbit Air)とダイキンの違い

ラピッドエアー

ラビットエアーBioGS 2.0↑

posted with カエレバ

※浄化適用面積 58平方メートル

リモコンあり

422x564x249 mm【幅x高さx奥行】7.6kg

※浄化適用面積は毎時間換気回数(ACPH)で決められる。1時間に2回浄化する場合、一般の家庭 で58平方メートルだが、アレルギー体質の方の家庭 の場合29平方メートルが目安となる。厳密には日本の基準とは違う。

MC80S本体

MC80S↑適用畳数29畳まで

posted with カエレバ

適用面積 48平方メートル

リモコンあり

395x576x230 mm【幅x高さx奥行】8.5kg

続きを読む ラビットエアー(Rabbit Air)とダイキンの違い

ダイキンMC80SとシャープFU-F51の違い

このダイキンMC80Sが価格.comの満足度が高い空気清浄機ランキング上位でした。

※このシャープFU-F51が価格ドットコムの空気清浄機・人気売れ筋ランキング 5位になっていておすすめ。

2015年9月に新発売された各シリーズの加湿なし空気清浄のシリーズの中でも一番大きいサイズがこの2機種。

いつも通り普通の比較サイトや公式サイト、パンフレットに書かれていない詳細な部分まで比較する。
続きを読む ダイキンMC80SとシャープFU-F51の違い