三菱重工SHE60NDとパナソニック FE-KFM07の違い

どちらも2016年発売。

デザインだけでなく、機能の違いもあるのでしっかりチェック。

she60nd

写真はクリックで拡大

SHE60ND(ピュアホワイト)↑

posted with カエレバ

fe-kfm07

写真はクリックで拡大

 FE-KFM07↑

posted with カエレバ

三菱重工SHE60NDとパナソニック FE-KFM07の違い

以下、三菱重工:、パナソニック:と省略して表記。

各メーカーの売り

三菱重工: デザインと加湿力

パナソニック: ナノイー

ナノイーはパナソニック一番の売りと言っても良いがこの機種には搭載されていない。

『DCモーター搭載モデル』は特徴あり。

パナソニックのDCモーター搭載モデル

DCモーター搭載により、気化式でもヒーターを搭載した従来ハイブリッド式と同等能力の加湿が可能になった。つまり加湿能力が高い。

加湿方式

三菱重工:スチーム式

パナソニック: ヒーターレス気化式

パナソニックは加湿能力がアップしたとは言え、ハイブリッド式より加湿能力が高いと言われているスチーム式には適わない。

スチーム式は沸騰させるタイプ。

三菱重工公式サイト・加湿方式の違い

も参考に。

プラズマイオンの有無

三菱重工: ○

パナソニック: ×(ナノイーなし)

三菱重工のプラズマイオンはウイルス・浮遊菌の抑制に効果あり

三菱重工のとびだし除菌プラズマイオン

写真はクリックで拡大

タイマー

三菱重工: 切タイマー

パナソニック: 切タイマー

三菱重工の場合
2時間後・4時間後の切タイマー設定ができる。

パナソニックの場合

2,4,6,8時間後切タイマーあり

タイマーは互角。

現在湿度の目安表示

三菱重工: 1%単位

パナソニック: 10%単位

アロマスチームの有無

三菱重工: ○(アロマミニ辞典付属)

パナソニック:なし

お手入れ

三菱重工の場合

お掃除サイン表示後

蒸発布の定期的なもみ洗い、吸気口(フィルターあり)、プラズマイオン発生器の手入れ。

イオンフィルターが標準装備となっている。

これにより、水に含まれるミネラル分(スケール)などの付着を

約6か月間抑える事ができる。

三菱重工のイオンフィルター

イオンフィルターの有無での効果比較写真

値段は2個入りで1500円前後。

パナソニックの場合

お手入れランプ点灯後か約1か月に1回

プレフィルター・トレー・加湿フィルター・フィルター枠・イオン除菌ユニット(防カビ剤入り)の手入れ。