三菱重工SHE60NDと象印EE-RL50の違い

どちらも2016年発売。

三菱重工の加湿器のデザインは昔から人気が高い。

she60nd

写真はクリックで拡大

SHE60ND(ピュアホワイト)↑

posted with カエレバ

EE-RL35とEE-RL50

写真はクリックで拡大

EE-RL50↑

posted with カエレバ

三菱重工SHE60NDと象印EE-RL50の違い

以下、三菱重工:、象印:と省略して表記。

加湿方式

三菱重工:スチーム式

象印: スチーム式

両機種ともに加湿能力が一番高いと言われるスチーム式。

現在湿度の目安表示

三菱重工: 1%単位

象印: 大まかに3段階表示

湿度設定

三菱重工: 可能

象印: 可能

三菱重工の場合

おまかせ運転

自動的に部屋の温度の応じた最適な湿度にコントロール。

湿度設定運転

湿度設定ボタンを押すたびに

Co(連続)→65→60→55→50→45→40

と切り替わる。

ちなみに連続運転の場合湿度85%まで専属加湿する。

エコ運転

おやすみに最適、静かに長時間加湿

象印の場合

連続運転が強と弱の2段階

自動で湿度調節してくれるモードは

【高め】【標準】【ひかえめ】の3段階で設定可能。

音に関しては象印の場合、湯沸し音セーブモードあり。

※湿度設定に関しては三菱重工の方がきめ細やかな設定が出来る事がわかる。

プラズマイオンの有無

三菱重工: ○

象印: ×

プラズマイオンはウイルス・浮遊菌の抑制に効果ありとの事。

タイマー

三菱重工: 切タイマー

象印: 入/切タイマー

三菱重工の場合
2時間後・4時間後の切タイマー設定ができる。

象印の場合

切タイマー2時間・入タイマー6時間

切タイマー2時間と入タイマー6時間の同時設定のみ可能

加湿フィルター

三菱重工: 蒸発布

象印: なし

三菱重工の場合

内部加熱部分を覆う蒸発布(消耗品)を使うタイプ。交換の目安は一日0~10時間の使用で2か月間ごと。

象印の場合

フィルター?そんなものございません。ポットの手入れと同じクエン酸洗浄である。

EE-RL35とEE-RL50のフィルター不要

アロマスチームの有無

三菱重工: ○(アロマミニ辞典付属)

象印: アロマ?そんな洒落たものはございません。

三菱重工の場合

吹き出し口のアロマトレイにアロマオイルを垂らすことで香りを楽しむというもの。ちなみにアロマオイル(エッセンシャルオイル)は低温(約50℃)で香るものを選ぶべし

吹き出し口の温度が約55℃だからである。

三菱重工のアロマスチームとアロマトレー

写真はクリックで拡大

その他の手入れ

本体内部の手入れはもちろんの事その他にいろいろある。

三菱重工: 色々

象印: フタ

三菱重工の場合

蒸発布の定期的なもみ洗い、吸気口(フィルターあり)、プラズマイオン発生器の手入れ。

象印の場合

ポットと同じ感覚で上フタを外して、上フタの蒸気カバーを外して水洗い(本体はクエン酸洗浄)