パナソニックF-VC55XKとF-VC70XKの違い

F-VC55XKは寝室モード搭載の快眠環境サポートモデルで

F-VC70XKがスピード集じんと加湿のハイクラスモデルだ。

見た目だけではわからない違いがあるので、

しっかりチェックすべし。

大きさの違いはもちろんだが、今回はカタログにも載っていない違いまで集中して調べてみた。

F-VC55XKとF-VC70XKの違い

以下、55:、70:と省略して表記する。

加湿空気清浄機F-VC55XK

posted with カエレバ

F-VC55XK↑適用畳数25畳まで

パナソニックF-VC70XK

posted with カエレバ

F-VC70XK↑適用畳数31畳まで

 

ニオイセンサーの有無

55: なし

70: あり

高感度ハウスダストセンサーはどちらも搭載されている。

70の場合

検知するニオイの種類はタバコ・線香・調理・ペットのニオイ・化粧品・アルコール・スプレー類

検知することで、汚れ度合を教えてくれるランプが点灯するかどうかの違い。

ひとセンサーの有無

55: なし

70: あり

ひとセンサーとは?

人やぺとの動きを検知して風量を自動制御するというもの。ハウスダストの舞い上がりを予測し、室内の空気が汚れる前に運転を開始する機能だ。

注意点はセンサーの検知範囲外や、家具などの障害物がある場合は検知できない点や人の動きが少ないと検知しにくい場合がある点。

切タイマーの有無

55: なし

70: あり

70の場合

切タイマーボタンを押すたびに2時間後、4時間後の設定可能。

キャスターの有無

55: なし

70: あり

湿度設定の有無

55: なし

70: あり

湿度を高め(約60%)、控えめ(約40%)、標準(約50%)の3段階で設定できる。

寝室モードの有無

55: あり

70: なし

F-VC55XKは寝室モード搭載の快眠環境サポートモデルだ。

就寝時の人の動きを部屋の明るさを判断して部屋の空気をきれいにする。

具体的には

準備運転、睡眠運転、お目覚め運転、自動運転でそれぞれフロントパネルやルーバーの動き、風量が変わる点。

快適で睡眠に適した環境にしてくれるという意味だ。