ダイキンのぴちょん君

パナソニックF-VXK55とダイキンTCK55Pの違い

※このパナソニックF-VXK55が価格ドットコムの【静かさの満足度が高い】空気清浄機ランキング上位(空気清浄機の全1569製品中)でした。

パナソニックのF-VXK55のシリーズは40、55、70、90と4種類。

いつも通り普通の比較サイトや公式サイト、パンフレットに書かれていない詳細な部分まで比較する。

F-VXK55とTCK55Pを鬼比較

以下、パナソニック:ダイキン:と省略して表記する。

TCK55P本体

posted with カエレバ

TCK55P↑適用畳数25畳まで

F-VXK55本体

posted with カエレバ

F-VXK55↑適用畳数25畳まで

 各メーカーの売り

パナソニック:ナノイー

ダイキン:ストリーマ

ナノイーとは?

ナノイーのマーク

水を含んだイオンの事で、浮遊菌、付着菌、カビ菌、アレル物質(花粉)、ウィルスの抑制、脱臭、美肌、美髪にも効果があるとされる。

ストリーマとは?

flash

ダイキン独自の技術で、フィルターに捕獲したダニ(フン・死骸)・カビ・花粉、カビ菌・ニオイの原因菌にストリーマ照射することで強力に分解・除去、できるというもの。

↓本体の表示部分↓

温度と湿度表示

パナソニック:湿度5段階表示

ダイキン:湿度表示のみ

パナソニックの場合

30%以下、40、50、60、70%以上のサインがあり、湿度に応じて光る仕組み。

ダイキンの場合

室内の湿度を30~70%の範囲で10%刻みで教えてくれる。30%未満の場合は、30と表示され、70%以上の場合は70と表示される。

空気の汚れを教えてくれるランプ

汚れを検知する事と汚れを吸う事は別なので注意。検知しないだけで吸い取れるものはもっとたくさんある。

パナソニック:あり

ダイキン:あり

パナソニックの場合

高感度ハウスダストセンサーにより、総合的な汚れ度合を3種類(段階)のランプでお知らせ。

高感度ハウスダストセンサーが検知するものは、PM2.5、タバコの煙、ホコリ、ハウスダスト(ホコリ、ダニの死がいやフン、カビの胞子、花粉)、線香の煙などだ。

※ニオイセンサーなし

ダイキンの場合

ハウスダスト(ホコリセンサー)ランプ

空気の汚れ度合を3色の点灯でお知らせ。このセンサーで検知するものは『ハウスダスト、タバコの煙、花粉、ダニ、ペットの毛、ディーゼル粉塵』

ニオイセンサーランプ

においの強弱を3色の点灯でお知らせ。検知するニオイは『タバコ臭、料理臭、ペット臭、トイレ臭、生ごみ臭、カビ臭、スプレー類、アルコール』

水除菌

パナソニック:あり

ダイキン:あり

パナソニックの場合

イオン除菌ユニット(防カビ剤入り)あり・つけ置き洗い可能

ダイキンの場合

加湿トレーにヌメリ抑制のための銀イオンカートリッジあり。10年交換不要。

チャイルドロック

小さい子供などによる誤作動を防止する。

パナソニック:あり

ダイキン:あり

加湿タンクの水がなくなった場合

パナソニック:音とランプでお知らせ

ダイキン:音とランプでお知らせ

タンクの水がなくなった場合、どちらも加湿の運転だけ止めて空気清浄運転は続けるタイプ。

パナソニックの場合、給水されるまで、10分ごとにお知らせ音が鳴るが、2回目以降の音を消す事ができる。

ダイキンのお知らせ音は設定で『音なし』にすることも可能。

風量

パナソニックの場合

静音・中・ターボ・自動

ダイキンの場合

しずか・弱・標準・強・ターボ・花粉・自動

切タイマー

パナソニック:なし

ダイキン:なし

入タイマー

パナソニック:なし

ダイキン:なし

各メーカー独自の特徴的な機能

パナソニック:メガキャッチャー

ダイキン:きれいサーキュレーター運転

パナソニックの場合

メガキャッチャーとは?

空気の汚れをセンサーで検知し、空気の汚れの種類や程度に応じてフロントパネルを大きく開いて最適な気流で吸引する機能。

cats

特にパナソニックは床上30センチにこだわった作りになっている。吸引しにくい大きなハウスダストがたくさんあるから、との事。

ダイキンの場合

空気を綺麗にしながら室内の温度ムラを抑えるというもの。本体をエアコンの反対側に設置する事を推奨されている。本体周辺の温度変化を検知、自動で風量調整する。

キャスターの有無

空気清浄機本体を移動させたい場合は移動させるのに便利。

パナソニック:なし

ダイキン:別売り(約2,400円)

↓お手入れ↓

空気清浄機だけでもフィルターのお手入れは必要だが、加湿付きとなるとさらに増えるので気にする人も多いはずだ。実際に質問も多い。

だがお手入れについては、パンフレットに

少ししか載ってない場合が多く盲点の一つになる。

空気清浄フィルター

パナソニックの場合

前面パネルを開けて一番手前の集じんフィルターがある。清掃の目安は2週間に一度。掃除機でホコリを取るのみ。水洗い不可。

その奥に脱臭フィルターがある。汚れが気になる場合は掃除機でホコリを吸い取るが水洗いは不可。で基本的にお手入れ不要。

ダイキンの場合

前面パネルを開けて一番手前のプレフィルターがある。清掃の目安は2週間に一度。掃除機で吸った後水洗いする

その奥に集塵フィルターがあり、水洗いも掃除機も不可(手入れできないとの事)。交換の目安が10年だが、使用状況により変わる。効果がなくなってきた時は交換時期とある。

その奥に脱臭フィルターがある。汚れが気になる場合は掃除機でホコリを吸い取るが水洗いは不可

加湿フィルター

加湿器同様、水回りの掃除は非常に大事な部分になる。目安は平均的な目安なので、環境や使用状況によって汚れ度合はそれぞれ変わる。気になったらなるべく早く掃除するべきだ。

パナソニックの場合

水タンク、加湿フィルター、トレーの清掃が必要。

加湿フィルターセットの清掃目安:1か月に一度

ダイキンの場合

水タンク、加湿フィルター、トレーの清掃が必要。

トレーの清掃目安:1か月に一度

それ以外に清掃が必要なユニット

パナソニックの場合、ナノイーは出るがユニットの清掃、交換は不要。

ダイキンの場合、ユニット(ストリーマユニット)の清掃が必要。

約2週間に一度掃除機で、本体にの洗浄ランプが点灯したらユニットのつけ置きと拭き取りが必要だ。

手間はかかるがその分効果があると考えていいだろう。

ユニット交換

パナソニックの場合、なし。

ダイキンの場合はストリーマのユニットがあるが、交換の必要なし。

部品交換までの期間

交換の年数は使用状況によるので、目安として考えるべし。

パナソニックの場合

集塵フィルター・10年

脱臭フィルター・10年

加湿フィルター・10年

ダイキンの場合

集塵フィルター・10年

脱臭フィルター・交換の必要なし

加湿フィルター・10年

銀イオンカートリッジ・10年

最大加湿量:タンクの容量

パナソニック:500(mL/時):2.3リットル

ダイキン:500(mL/時):3リットル

本体の色

パナソニック:ホワイトとブラウン

ダイキン:ホワイトとディープブラウン