シャープKI-FX55とKC-F50の違い

※このシャープKC-F50が価格ドットコムの空気清浄機・人気売れ筋ランキング1位になっていておすすめ。

どちらも2015年秋に発売された機種。

シャープ加湿空気清浄機

posted with カエレバ

KI-FX55↑適用畳数25畳まで

392x635x265 mm【幅x高さx奥行】9.6kg

ホワイトとブラウンの2色。

シャープ加湿空気清浄機kc-f50

posted with カエレバ

KC-F50↑適用畳数23畳まで

399x615x230 mm【幅x高さx奥行】7.7kg

ホワイトとベージュの2色

シャープKI-FX55-WとKC-F50-Wの違い

型番の最後のWはホワイトの意味。

まずサイズは似ているがKI-FX55の方が加湿量も空気清浄の適用畳数も少し大きい。

シャープのカタログの機能表の部分の抜粋↓

KI-FX55の機能

KI-FX55の機能表

KC-F50の機能

KC-F50の機能表

KI-FX55の方が機能が多い事がわかる。

以下、FX:、F:と省略して表記。

そして一番大事な点はプラズマクラスター濃度の違いだ。

FX:プラズマクラスター濃度25000

F:プラズマクラスター濃度8000

空中除菌能力の 違いが約3倍の差。

以下FXにあってFに搭載されていない機能。

パワフルショット

cats

これはイメージ写真だが、通常のと何が違うのかというと、プラズマクラスターを狙い撃ちできるようになったという事。前方向に集中的に高濃度プラズマクラスターを放出する事で特定の一部分、じゅうたんや衣類、洗えないソファーなどにも効果を発揮するだろう。赤ちゃんがいたりペットを飼っている場合にも用途が多そうだ。

雑菌予測モニター

シャープ雑菌予測モニター

雑菌が増殖しやすい温度・湿度をお知らせしてくれる機能。

シャープ独自の『みはり機能』の一部として追加された。

3段階で危険度を教えてくれて室温・温度によって菌の繁殖注意の場合は黄色ランプ注意報。赤ランプだと警戒注意報。

掃除アシスト運転

シャープ掃除アシスト運転

掃除機がけで気になるのはホコリの舞い上がりだが、掃除後のホコリの落下を抑えながら、スピード循環気流にのせてパワフル吸じんする便利な機能。

冷暖房時や花粉が飛びかう季節にもおすすめの運転となる。

ココロエンジン

シャープのココロエンジン

部屋の状態や使い方に合わせたアドバイス、親しみのある挨拶や声掛けなど、ココロエンジンが音声で心配りをする。また、聞いて欲しいことがある時はランプが光ってお知らせしてくれる機能。

分かりにくい違い

キャスター

FX: ストッパー付き自在キャスター

F: ストッパー付きキャスター

Fの場合は横方向にだけ、移動できる。

その他、FXにはニオイモニターつき、使い捨てプレフィルター付属。