パナソニックNR-F504GV-N と三菱MR-WX47D-Fの『違い』

【鬼比較】 冷蔵庫 編

機能の違いだけではなく、各容量や、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

501L パナソニック NR-F504GV

2色あり  (W)(N)

VS

470L 三菱電機 MR-WX47D

3色あり  (W)(F)(BR)

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに



パナソニック NR-F504GV

 

posted with カエレバ

パナソニック・冷凍庫の【鬼比較】一覧

三菱電機 MR-WX47D

posted with カエレバ

三菱電機・冷凍庫の【鬼比較】一覧

重要な『違い』

チルドルーム

NR-F504GV : ○ 微凍結パーシャル

MR-WX47D : ○ 氷点下ストッカーD

どちらもチルドに特徴あり!

パナソニックNR-F504GVの場合

パナソニックの特徴ある機能のひとつ。約-3℃がポイントで、使いこなせば料理の幅まで広がる。

三菱電機MR-WX47Dの場合

三菱・冷蔵庫の特徴ある機能のひとつ氷点下ストッカーD

肉や魚の専用ルーム。氷点下なのに凍らせず、生のままおいしさ長持ち。

氷点下ストッカーの効果

いたみやすい肉や魚の鮮度を長持ちさせ変色も抑えドリップの流出も少なくなる効果あり。

パナソニックの方がいいかも?と思いきや実は三菱電機MR-WX47Dには切れちゃう瞬冷凍もある。

一度使えばこんなに便利なものはないと気づく。

野菜室の違い

NR-F504GV : ○ シャキシャキ野菜室

MR-WX47D : ○ クリーン朝どれ野菜室

シャキシャキ野菜室とは?

適切な湿度にコントロールして新鮮に保存。

これによりまとめ買いも出来るようになり、便利で楽。

2019年版から「新・モイスチャーコントロールフィルター」搭載へ!

(シャキシャキ野菜室内)

湿度調整の働きをする再生セルロースを2層に進化させ

湿度がやや低い時でもより湿度を最適に保てるようになった。

フィルター層が1層の時には透過してしまっていた少量の湿気も、フィルター層が2層になることで透過しにくく。

湿度が多い時でも重要な役割を果たす。

適切な湿度を保って、野菜を約1週間、更に新鮮な状態で保存可能に!

朝どれ野菜室とは?

野菜をよく食べるのであれば必須!鮮度だけでなく保存だけで栄養分までアップしてくれるのだ!

栄養面ではMR-WX47Dの勝ち!

オートクローザー(冷蔵室)

NR-F504GV : × ナシ 半ドアアラームならあり

MR-WX47D : ○ あり

扉と本体の角度が20°以内になると、扉が自動的に閉まり半ドアを防ぐ。

夏場の場合は半ドアでさえ食品が傷んで致命的なことになる。経験したことがある人ほど、この機能は重要だと知っているのではないだろうか。

ちなみに似た機種でMR-WX47LDと言うのがあり

奥行があってロータイプ、出し入れのしやすさならMR-WX47LDがオススメ。

タッチパネル式

NR-F504GV : × ナシ

MR-WX47D : ○ あり タッチdeアシスト

重要

冷蔵庫に物をパンパンに入れてしまうと冷蔵効率が悪くなり、食材の傷みや電気の消耗にもつながり、良いことは何もない。

少し余裕を持ったサイズの冷蔵庫選びはの鬼の鉄則である。



最新の値段、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

こちらも参考に

冷蔵庫・冷凍庫の【鬼比較】一覧