ダイソン加湿器MF01

Dyson ダイソンHygienic Mist 加湿器 MF01とAM10の違い

清潔なミストで部屋の隅々まで潤す』で有名なダイソンの加湿器。

キャッチコピーは、「部屋を均一に潤す、最も衛生的な加湿器」

MF01が2015年冬の新商品でAM10が2014年冬の発売である。

実はどこがどう変化したのか、どのサイトをいても説明がないので調べてみることにした。

Dyson ダイソンHygienic Mist 加湿器 MF01とAM10の違い

MF01の商品画像

ダイソン加湿器MF01

MF01WS↓

posted with カエレバ

MF01IB↓

posted with カエレバ

AM10の商品画像

ダイソン加湿器AM10の本体

AM10WS↓

posted with カエレバ

AM10IB↓

posted with カエレバ

本体の違いはぼぼないように感じる。

こういう場合は製品仕様を見るべし。

分かりやすく違いがあるポイントに赤丸をつけてみた。

MF01のスペック

ダイソンMF01の製品仕様スペック

AM10のスペック

AM10の製品仕様とスペック

 比べて分かる事は意外にも本体質量が少しだけ増えている。

そして水タンク容量は少し減っている。

そして最後のポイント、最小/最大運転音の表記が新しく出来ていたのだ。

つまり音が静かになった。

音を静かにするために内部構造などを少し変え、その分、質量やタンク容量が変化したと思われる。

その他の機能は同じ。

ダイソンの加湿器の特徴

難しい説明は省略し要点だけ。

まず何が衛生的なのか?

加湿方式は各メーカー色々あるが問題点もある↓(クリックで拡大)

加湿器の問題点

問題はバクテリア。

加湿器内の水は雑菌が繁殖しやすいため、それを空気中に放出してしまうのだ。ダイソンは強い殺菌作用のある紫外線C波(UV-C)を利用して水を清潔に保つので衛生的という事。

ダイソン加湿器のUV-C

さらに

ダイソンの加湿器、扇風機としても使える

ミストを均一に部屋の隅々まで行きわたらせる事が可能。扇風機、サーキュレーターの代わりにもなるので一年中使えるため、電化製品をしまう手間も省ける。

ダイソンの加湿器、温度湿度管理

その時の室温に合った最適な湿度を自動で設定してくれる。常に快適な状態を保てるので非常に楽。

湿度は30~70%の間で1%単位で細かく調整可能。リモコンもあり。

ダイソン加湿器のリモコン