ダイソンの空気清浄能力

ダイソン・ピュアhot&coolとダイソン・hot&coolの違い

毎年非常に人気が高い商品でネットのランキング上位にもよく並ぶのだが、サブの名称(hot&cool/ピュアクール)や型番、形が似ていて紛らわしいためか有名なサイトでも間違った紹介がされていた。

恐らくほとんどの人は混乱するんじゃないだろうかと思い、以前のモデルとの違いも整理してみたので参考にどうぞ。

ダイソン・ピュアhot&coolとダイソン・hot&coolの違い

Dyson Pure Hot + Cool

型番  HP01

WS [ホワイト/シルバー]とIB [アイアン/ブルー]の2色

型番の最後に色が付いて

HP01WSかHP01IBの表記になる。

発売は2015年10月

ダイソンのピュアホット&クール(ホワイト&シルバー)

posted with カエレバ

ダイソンのピュアホット&クール(アイアン・ブルー)

posted with カエレバ

Dyson Hot + Cool ファンヒーター

型番 AM09

以下の3色。

ファンヒーターという名称はあるが、温風と涼風、どちらも出せるのでヒーターや扇風機、サーキュレーターとしても使える。

発売は2014年 9月

AM09 ファンヒーター (ホワイト・ニッケル)

AM09WN

posted with カエレバ

AM09 ファンヒーター (アイアン・サテンブルー)

AM09IB

posted with カエレバ

AM09ファンヒーター(ブラック・ニッケル)

AM09BN

posted with カエレバ

※ちなみに、このDyson Hot + Cool ファンヒーターの前のモデルがまだ2016年現在でも販売されている。こちらも少し紛らわしい違いがある↓

ダイソン ホットアンドクールAM09とAM05の違い

本題

この2種類の機種は温風と涼風、どちらも出せる機能などは全部同じで

違いは

空気清浄機能があるかどうか。

Dyson Pure Hot + Cool : 〇

Dyson  Hot + Cool : ×

ピュアが付いているかどうかでも判断できるが、全く知らない人の場合パッと見で見た目も似ているので混乱する可能性がある。

フィルターの取り付けは非常に簡単

ダイソン・ピュアホット&クールのフィルター

フィルターユニットにはマイクログラスファイバーをプリーツ状に333回折った360°グラスHEPAフィルターを内蔵。

PM 0.1レベルまでのあらゆるサイズの
粒子を99.95%除去可能。

ちなみに有名なPM2.5との大きさで比較すると

ダイソンの空気清浄能力

他社の空気清浄機メーカーがPM2.5除去できるか競い合っている中で、ダイソンはレベルが違う除去能力。

ダイソンのフォーカス機能

以前のモデルからフォーカス機能も搭載され、遠くでも

清浄された綺麗な温風(涼風も可)を届ける事が出来るようになった。

フィルターなどが搭載された分、1kg程重くなった。

今回比較した2種類ともメーカー2年保証(他の有名大手家電メーカーはメーカー1年保証である)