シャープKI-EX55とKI-DX50の違い

シャープの中ではEXがプレミアムモデルとなっているがその中でも値段が安く、おすすめ出来る機種だ。

実はEXの一つ前のタイプがDXなのだが、何が変わったのか調べてみた。

KI-EX55とKI-DX50を鬼比較

以下、E:、D:と省略して表記する。

シャープのプラズマクラスター搭載機種は7000と25000のタイプがあり、今回の二機種は25000のタイプだ。

この数値が大きいほど、空気清浄能力が高いという事。

どちらも大きさの違う3タイプが揃っている。

Eになって型番の数字が増えたのでわかる通りすこしサイズアップしたようだ。広い畳数に対応できるが本体も大きくなる。

具体的に見てみよう。

まず、すぐにわかる違いと言えば見た目だろう。

KI-EX55↓

cats

posted with カエレバ

KI-DX50(ホワイトもあり)↓

cats

posted with カエレバ

本体が変わったのに伴って表示部分も変わった。例えば汚れ度合を教えてくれランプ。

Eの場合

2

Dの場合

1

これは本体の表示部についている、きれいモニターと言うが、どちらも5段階で空気の汚れを教えてくれる。(写真はモノクロだが実際のライトは鮮やかな色)

DはきれいモニターだけしかなかったがEになってあと2つのモニターが追加された。

ニオイモニターとPM2.5モニターの追加

cats

これはPM2.5モニターだ。

ちなみに目には見えないが花粉は大きな粒子の部類になる、さらに小さな粒子の濃度まで教えてくれる。

センサーの違い

E:高濃度ホコリセンサーとニオイセンサー

D:ホコリセンサー

ホコリセンサーが検知するものは、ハウスダスト(ホコリ、ダニのふん、死がい、カビの胞子、花粉)タバコの煙

高濃度ホコリセンサーはホコリセンサーにPM2.5以下の微小粒子状物質などを検知する機能がついたもの。

ニオイセンサーが検知するものは、タバコや線香のニオイ・化粧品・アルコール・スプレー類など。

汚れを検知する事と汚れを吸う事は別なので注意。検知しないだけで吸い取れるものはもっとたくさんある。

プラズマクラスターパワフルショットの有無

E: ○

D: ×

cats

これはイメージ写真だが、何が具体的に変わったのかと言うとプラズマクラスターを狙い撃ちできるようになったという事。前方向に集中的に高濃度プラズマクラスターを放出する事で特定の一部分、じゅうたんや衣類、洗えないソファーなどにも効果を発揮するだろう。赤ちゃんがいたりペットを飼っている場合にも用途が多そうだ。

おやすみモードの有無

E: ○

D: ×

表示ランプや音を抑えながら、最適なうるおい湿度にするのがおやすみモードだ。モニターの明るさを自動にしていると、照度センサーでお部屋の明るさをみはって部屋が暗くなると表示を自動で消灯する便利な機能。

ココロエンジンに機能を一部追加

ココロエンジンとはシャープ独自の機能で、見えない空気の状態をセンサーでみはって、音声でわかりやすく伝えてくれるというもの。

使用状況により、手入れの時期や使い方のコツも教えてくれる。

Dの場合は音声を止める事や音量を変えることまでできたのだが、Eになってさらに会話頻度を増やす『おしゃべりモード』ができた。

具体的にどんな事をしゃべってくれるのか。

『タンクのお水が、なくなりました』

『お部屋が乾燥しています。急いで加湿しますね』

『しばらく加湿しないときは、タンクやトレーに残ったお水を捨ててくださいね』

『イオン出てるよ~』などなど。