シャープKC-E50とKC-E70の違い

シャープの2014年スタンダードモデルのEシリーズだが、今でもネットでは格安で販売されている。

40、50、70の3タイプあり、

カタログを確認すると、機能面では違いがないように見えるが本当に厳密にそうなのかチェックしてみた。

KC-E50-BとKC-E70-Bを鬼比較

型番の最後のBはブラックの意味。

以下、70:、50:と省略して表記する。

シャープKC-E70

posted with カエレバ

KC-E70↑適用畳数31畳まで

シャープKC-E70

posted with カエレバ

KC-E50↑適用畳数畳23畳まで

当然大きさが違うのでもちろん適用畳数、加湿量と最大風量に違いはあるが、ここでは機能面を集中して調べてみた。

違いは使い捨てプレフィルターが付属でついているかどうかだけだった。

70:3枚付属

50:別売り

これは約1か月に1回の交換を推奨されている。

おすすめしないが、つけなくても空気清浄機は動く。

もちろんつけた方が空気清浄能力があがるし、内部が汚れないので本体自体が長持ちする利点もある。