パナソニックF-VXL40と快眠モデルF-VXL55の違い

※このパナソニックF-VXL55が価格.comの満足度が高い空気清浄機ランキング2位になっていておすすめ。

F-VXL40

posted with カエレバ

F-VXL40↑適用畳数18畳まで

330x590x250 mm【幅x高さx奥行】7.2kg

アクアドロップ(青)スフレピーチ(ピンク)シルバー(銀)の3色

F-VXL55

posted with カエレバ

F-VXL55↑適用畳数25畳まで

360x560x230 mm【幅x高さx奥行】8.3kg

ホワイトとブラウンの2色。

パナソニックF-VXL40-AとF-VXL55-Tの違い

型番の最後のAはブルー系、Tはブラウンの意味。

どちらも2015年秋に発売された新商品でF-VXL40の上位機種がF-VXL55だが、大きさ以外に機能も変わる。

まずこの2機種はデザインと大きさ意外にコンセプトが違うようだ。

F-VXL40は加湿&ナノイー搭載のお子様応援モデル

F-VXL55は新・寝室モード搭載の快眠環境サポートモデル

となっている。

パナソニックのネムロウ

ちなみにナノイーはどちらも搭載されている。

快眠環境サポートモデルに関しては公式サイトではなく、カタログに少しだけ記載されている。

【就寝前から起床まで快適に】

新・寝室モード

おやすみ前

約15分間清浄。乾燥時はしっかり加湿

おやすみ中

汚れに応じて静かに(29dB以下)自動運転

お目覚め

ハウスダストや花粉を吸引

とある。

大まかにはわかるが、せっかくなのでもっと掘り下げてみると、もっと細かい気配りがされている機能である事がわかった。

寝室に設定で準備運転開始(15分間)

その準備運転中に湿度が30%以下と検知されれば風量は多くなり、部屋を暗くすると風量(中)の運転になる。

次に睡眠運転に切り替わる。

風量は静音~中の自動運転になり、前面サインは消灯、操作パネルは半点灯になる。

次が面白い。

この睡眠運転中に部屋を明るくしたときは『お目覚め運転』になり

また暗くすると『睡眠運転』へ

最後にお目覚め運転

部屋が明るくなる事でお目覚め運転開始(約5分間)風量は中。

その後自動運転へ。

さらに

タンクの水がなくなると、空気清浄運転になる。そして睡眠運転か、お目覚め運転の時は給水のお知らせ音はならないとの事。

安い機種の場合、睡眠中に加湿器の水がなくなってしまい、お知らせ音が夜中からピーピー鳴らされるのはたまったものではない。

生産国

F-VXL40:日本製

F-VXL55: -