ダイキンTCM80RとシャープFU-E80の違い

ダイキンすべての機種と他機種の比較一覧はこちら→ダイキン【鬼比較】

シャープすべての機種と他機種の比較一覧はこちら→シャープ【鬼比較】

TCM80R本体

posted with カエレバ

TCM80R↑適用畳数29畳まで

リモコンつき。

403x576x241 mm【幅x高さx奥行】8.5kg

ホワイトのみ。

cats

posted with カエレバ

FU-E80↑適用畳数36畳まで

リモコンなし。

409x655x254 mm【幅x高さx奥行】8.2kg

ホワイトのみ。

以下、ダイキン:シャープと省略して表記する。

TCM80RとFU-E80を鬼比較

 各メーカーの売り

ダイキン:ストリーマ

シャープ:プラズマクラスター

プラズマクラスターとは?

自然界と同じイオンで空気を浄化する。具体的には浮遊菌の作用を抑えたり、カビ菌を除菌、臭いの分解・除去、浮遊ウィルスの作用を抑える。ダニのふん、しがいの増加を抑え静電気も抑えるというもの。

7000と25000のタイプがあり、プラズマクラスターのイオン濃度が違うという事。つまり25000の方が7000より空気清浄能力が高いという事になる。

cats

部屋には+と-の静電気が発生することにより、壁などにホコリが付着するのだが、プラズマクラスターは両方のイオンを出せる。

小さい粒子が壁に引き寄せられる前に先回りして除菌、付着を抑制するイメージだ。

ダイキンは電気集塵方式

下の写真のプラズマイオン化部も意外に大事な部分だ。

ダイキン空気清浄機の内部構造

効果としては見えない汚れをこれによって+に帯電させ次に通る集じんプリーツフィルターのマイナス帯電部で吸着を促進させ綺麗な空気になるという仕組み。

↓本体の表示部分↓

温度と湿度表示

ダイキン:なし

シャープ:なし

空気の汚れを教えてくれるランプ

汚れを検知する事と汚れを吸う事は別なので注意。検知しないだけで吸い取れるものはもっとたくさんある。

ダイキン:あり

シャープ:あり

ダイキンの場合

ハウスダストランプ

3段階の表示方法でハウスダスト(ホコリ)の量により空気が綺麗かどうか教えてくれる。

ホコリセンサーが検知するものは、ハウスダスト、タバコ煙、花粉、ダニ、ペットの毛、ディーゼル粉塵。

ニオイランプ

同じく3段階の表示方法でニオイが臭くないかどうか教えてくれる。

ニオイセンサーが検知するものは、タバコ臭、料理臭、ペット臭、トイレ臭、生ごみ臭、かび臭、スプレー臭、アルコール。

どちらのランプも明るさ調整可能。

シャープの場合

きれいモニターに汚れ度合を緑~橙~赤の色(5段階)でお知らせ。

きれいモニターがまぶしい時は消灯も可能。

汚れセンサーが検知するものは、タバコのニオイ・線香のニオイ・化粧品・アルコール・スプレー類

チャイルドロック

小さい子供などによる誤作動を防止する。

ダイキン:あり

シャープ:あり

風量

ダイキンの場合

自動・しずか・弱・標準・強・ターボ・花粉・eco節電

シャープの場合

自動・花粉・弱・中・強

花粉というのは、それを選択することで自動的にホコリセンサーの感度を『高』にして花粉やほこりなどを素早く検知して、風量を自動で切り替えて運転するというもの。

ちなみにダイキンにも花粉運転というのがある。

センサーの感度調節

汚れセンサーやニオイセンサーの感度を設定により調節することで、好みの感度にすることができる。

ダイキン:設定可能

シャープ:設定可能

切タイマー

ダイキン:1(時間)・2・4

シャープ:1(時間)・2・4

入タイマー

ダイキン:なし

シャープ:なし

特徴的な機能

ダイキン:ミニリモコンつき

シャープ:プラズマクラスター

ダイキンの場合

このタイプはワイヤレスリモコンが付属されており、遠くから操作したい場合は便利だ。

キャスターの有無

空気清浄機本体を移動させたい場合は移動させるのに便利。

ダイキン:なし

シャープ:なし

ここからがどのサイトでも比較していない空気清浄機・鬼比較の真骨頂↓

↓お手入れ↓

空気清浄機と言えばフィルターの手入れ。意外に気にする人が多く質問も多い。

だがお手入れについては、パンフレットに

少ししか載ってない場合が多く盲点の一つになる。

空気清浄フィルター

ダイキンの場合

・空清フィルター(プリーツフィルター)

使い捨てタイプ。初回取り付け用以外に交換用の4枚のフィルターが本体のフィルター収納部に入っている。

・脱臭触媒ユニット

約1か月に1度、またはニオイや汚れが気になるときに掃除機で掃除。

水洗い不可。

シャープの場合

集じん・脱臭一体型フィルター

清掃の目安は3か月に一度。ホコリを掃除機で吸い取るが、タグのある面だけだ。反対側を掃除してしまうとフィルター性能を失うとの事。

それ以外に清掃が必要なもの

ダイキン:あり

シャープ:なし

ダイキンの場合、一番手前のプレフィルターを掃除機か水洗いで約2週間に1度。

さらにユニット1(プラズマイオン化部)とユニット2(ストリーマユニット)の清掃が必要。

本体の各洗浄ランプが点灯したらユニット1・2ともにつけ置きと拭き取りが必要だ。

手間はかかるがその分効果があると考えていいだろう。

ユニット交換

ダイキンの場合はストリーマのユニットがあるが、交換についての記載はナシ。

シャープの場合もプラズマクラスターイオン発生ユニットを交換する必要はない(上位シリーズには交換式のタイプあり)

部品交換までの期間

交換の年数は使用状況によるので、目安として考えるべし。

ダイキンの場合

空清フィルター・2年に一度使い捨てタイプだが、全部で5枚付属なので合計10年もつはずだ。

脱臭触媒ユニット・交換の必要なし

シャープの場合

集塵・脱臭一体型フィルター・2年

交換時期を教えてくれるランプの有無

ダイキン:あり

シャープ:なし

ダイキンの場合

フィルターランプとユニットランプ(二つ)があり交換時期がくると点灯して教えてくれる。

フィルターランプが点灯で空清フィルターを交換する時期がわかる。

シャープの場合

教えてくれるランプがないので、交換時期には注意を払うことが必要になる。