ダイキン MCK55SとシャープKI-FX55の違い

ダイキンの方はTCK以外にMCK、ACKという型番があるが、販売ルートが違うだけで、同じ機能だが色のラインナップが違う。

公式サイトによるとMCKは大型家電量販店モデルで4種類の色がある。

シャープのKI-FX55のシリーズは小さい方から55,75,100と三種類ある。

いつも通り普通の比較サイトや公式サイト、パンフレットに書かれていない詳細な部分まで比較する。

MCK55S-TとKI-FX55-Tを鬼比較

型番の最後のTはブラウンの意味。

以下、ダイキン:シャープ:と省略して表記する。

mck55s

posted with カエレバ

MCK55S↑適用畳数25畳まで

270x700x270 mm【幅x高さx奥行】9.5kg

ブライトオレンジ
ホワイト
ミッドナイトブルー
ディープブラウン

シャープ加湿空気清浄機

posted with カエレバ

KI-FX55↑適用畳数25畳まで

392x635x265 mm【幅x高さx奥行】9.6kg

ホワイト
ブラウン

 各メーカーの売り

ダイキン:ストリーマ

シャープ:プラズマクラスター25000

ストリーマとは?

ダイキン独自の技術で、フィルターに捕獲したダニ(フン・死骸)・カビ・花粉、カビ菌・ニオイの原因菌にストリーマ照射することで強力に分解・除去、できるというもの。

プラズマクラスターとは?

自然界と同じイオンで空気を浄化する。具体的には浮遊菌の作用を抑えたり、カビ菌を除菌、臭いの分解・除去、浮遊ウィルスの作用を抑える。ダニのふん、しがいの増加を抑え静電気も抑えるというもの。

7000と25000のタイプがあり、プラズマクラスターのイオン濃度が違うという事。つまり25000の方が7000より空気清浄能力が高いという事になる。

cats

部屋には+と-の静電気が発生することにより、壁などにホコリが付着するのだが、プラズマクラスターは両方のイオンを出せる。

小さい粒子が壁に引き寄せられる前に先回りして除菌、付着を抑制するイメージだ。

ダイキンのイオン

実はダイキンもイオンを出す機能がある。本体にプラズマイオン入/切ボタンがあり、押すごとにアクティブプラズマイオンの発生運転の切り替えが出来る。これによりダイキンは『ストリーマに加えて飛び出すアクティブプラズマイオン搭載のダブル方式』を強調している。

アクティブプラズマイオン技術

ダイキンのアクティブプラズマイオン

カビ菌、アレル物質やニオイ、付着臭、付着菌の抑制、肌の水分量アップに効果があるとされる。

具体的にはプラズマ放電によりアクティブプラズマイオンを空気中に放出し、空気の成分と合体して、
酸化力の強いOHラジカルなどの活性種を生成。
カビ菌やアレル物質などの表面に付着し、空気中でたんぱく質を酸化分解することができる技術。

↓本体の表示部分↓

温度と湿度表示

ダイキン:湿度表示のみ

シャープ:温度と湿度表示

ダイキンの場合

室内の湿度を30~70%の範囲で10%刻みで教えてくれる。30%未満の場合は、30と表示され、70%以上の場合は70と表示される。

シャープの場合

湿度は6~99%まで1%刻みで表示される。

温度は0℃から50℃まで1℃刻みで表示可能。

水除菌

ダイキン:あり

シャープ:あり

ダイキンの場合

加湿トレーにヌメリ抑制のための銀イオンカートリッジあり。10年交換不要。

シャープの場合

キレイな水で加湿、Ag+イオンカートリッジ

cats

タンクキャップに簡単装着できる。タンクやトレーのヌメリやニオイの原因となる菌を除菌。 約1年に1回の交換あり。

24H電気代(目安)表示

シャープの特徴的な表示。その時の運転モードを1日続けたときの電気代の目安を教えてくれるもの。〇円と表示。

チャイルドロック

小さい子供などによる誤作動を防止する。

ダイキン:あり

シャープ:あり

風量

ダイキンの場合

しずか・弱・標準・強・ターボ・花粉・自動

シャープの場合

静音・中・強・花粉・梅雨・おやすみ

シャープの花粉モードは、自動的にホコリセンサーの感度を『高』にして、花粉やほこりを素早く検知。風量を自動で切り替えて運転。

梅雨モードとはカビ・ニオイが気になる場合のおすすめ。風量強めの自動運転で湿度が70%以上になるとプラズマクラスターと集塵を強化。

おやすみは就寝時など、表示ランプを暗くして静かに自動運転させたい場合。

切タイマー

ダイキン:なし

シャープ:あり

シャープの場合

切タイマーボタンを押すたびに

1(時間)・2・4・8と変わる。残時間を表示させることも可能。

入タイマー

ダイキン:なし

シャープ:なし

特徴的な機能

ダイキン:広範囲からの吸い込み・リモコン付属・水タンクの位置と形

シャープ:パワフルショット・みはり機能・そうじアシスト運転

ダイキンの場合

2015年から新採用されたその特徴的な形により去年のモデルよりも20%吸い込み領域がアップしており、より広範囲のホコリを効率よく吸引することが可能になった↓

MCK55S吸引

小さなリモコンが付属されているので、利便性もアップ。

ダイキン空気清浄機加湿タンク

給水タンクが本体の上部にあるので給水時に楽な姿勢で
取り出せるようになっている。
さらに給水タンク自体の高さを従来よりも11cm低い19cm
とし、浅い洗面台でも給水しやすい形だ。

シャープの場合

パワフルショットとは?

cats

これはイメージ写真だが、通常のと何が違うのかというと、プラズマクラスターを狙い撃ちできるようになったという事。前方向に集中的に高濃度プラズマクラスターを放出する事で特定の一部分、じゅうたんや衣類、洗えないソファーなどにも効果を発揮するだろう。赤ちゃんがいたりペットを飼っている場合にも用途が多そうだ。

みはり機能とは?

部屋の温度・湿度が注意が必要な状態(高温・高湿)(乾燥・低温)になった場合にセンサーが検知、ランプの色と音でお知らせ。

cats

掃除アシスト運転とは?

シャープ掃除アシスト運転

掃除機がけで気になるのはホコリの舞い上がりだが、掃除後のホコリの落下を抑えながら、スピード循環気流にのせてパワフル吸じんする便利な機能。

冷暖房時や花粉が飛びかう季節にもおすすめの運転となる。

キャスターの有無

空気清浄機本体を移動させたい場合は移動させるのに便利。

ダイキン:別売り(約2,400円)

シャープ:あり

清掃が必要なユニット

シャープの場合

プラズマクラスターユニットの清掃が必要。

約6か月に1回程度。ユニット電極部についたホコリを付属のユニット清掃ブラシや市販の綿棒で取り除く。

ユニット交換

ダイキンの場合

ストリーマユニットとアクティブプラズマイオン発生装置ともにユニット交換も手入れも必要ナシ。

シャープの場合

プラズマクラスターイオン発生ユニットを交換する必要あり。総運転時間が17,500時間(1日24時間使用で約2年)経過でユニット交換ランプが点滅。

手間はあるが、その分効果はあるとみていいだろう。

部品交換までの期間

交換の年数は使用状況によるので、目安として考えるべし。

ダイキンの場合

集塵フィルター・10年

脱臭フィルター・交換の必要なし

加湿フィルター・10年

銀イオンカートリッジ・10年

シャープの場合

使い捨てプレフィルター・約1か月に1回(6枚入りで約800円)

集塵フィルター・10年

脱臭フィルター・10年

加湿フィルター・10年

Ag+イオンカートリッジ・1年(900~1,000円程)

最大加湿量

ダイキン:500(mL/時)

シャープ:650(mL/時)